【 シーガイア近くの圃地・視察 】
【 共同乾燥場の乾葉取り下ろし 】
     (1)葉たばこ生産の概要                宮崎県耕作分布図はこちら 

1.生産の概要

  
平成元年に、『日本一の組合になろう』『葉たばこで1,000万円(1戸当)以上収得しよう』 
 を目標に、県内6地区組合1連合会が合併し、この目標に向かってJTや県・市町村など関係機関
 の援助協力のもと、一致団結して取り組んできました。


2.基本方針
  

近年は、気象変動や農業環境の変化も相まって、減収年が続き、昨年はやや持ち直したものの、組合員は依然として厳しい経営を余儀なくされ、組合運営も厳しさを増しています。

このような中、収量の安定確保対策、その為の耕作技術の再構築を目指した「耕作技術再構築対策事業」が、審議会にて本年度まで延長されました。この事業においては、安定した収量確保のため、減収要因である病害防除対策、早作早進で充実した葉たばこ生産の為、土づくりと圃場管理などの試験、検証を行い、有効な技術の産地普及に努めて行きます。更には、原料葉たばこの信頼性の確保に向け、農薬使用基準の順守、圃場、作業場、共乾等での異物混入防止など、商品意識をもって細心の注意を払い、安全で安心な原料管理を追求していく必要があります。

また、葉たばこ売買では、引き続き安心して売渡しが行われるよう、組織一丸となった販売対策に努めると共に、トータルコストの低減、原料ニーズの変化に伴う買入区分の統合については、組合員の所得向上、安定経営につながるよう対処しなければならない。

一方、葉たばこを取り巻く情勢は、たばこ税増税の実施、喫煙規制の強化拡大、たばこ事業法改廃の動きもあり、依然として厳しい情勢下にあるが、わが国の葉たばこ生産を守り、たばこ産業全体の健全な発展に資するため、関係機関との一層の連携強化を図り、たばこ産業界一丸となって運動を展開していかなければならない。

また、組合運営では、経費の削減等行いながら健全運営に努めていますが、現状と今後の推移を考えると、将来を見据えた改革が必要であり、支所統合を含む合理化など、組合員・産地一体となって協議していく必要があります。

葉たばこは、生産から販売、価格、災害補償など総合的に制度が確立され、行政も基幹作物として協力、支援しております。今後とも収量の安定確保、品質向上の施策を展開し、たばこ作を柱とした豊かな農業経営の実現に向けて対処していきます。

 以上、耕作組合の使命役割を十分果たすため、組合員および産地と直結した組合運営に努めていきます。

3.葉たばこ販売状況(26年作)                  

      早期販売   7月16日より   通常期販売  9月17日予定


     (2)今後の方向(施策)について

  @ 農家所得の向上 (気象に左右されない技術の革新と省力化の推進)

  A 後継者の育成と規模拡大

     規模拡大の要件である、品質の向上及び管理の徹底を図り、魅力ある葉たばこ経営を

     確立し、後継者の育成及び就労を促す。

  B 組合の合理化と事業の効率ある実行
     人員面積減への対応と、上記達成のための事業の選択と強化。
     (3)葉たばこ共同乾燥施設の概要

     完全受委託方式の共乾数  11組織  

             加 入 人 員       名(  . %) 
             処 理 面 積     . ha(  . %)